法定金利とは

法定金利とは、金銭の貸借契約、つまり貸出・借入をする際に、法律で定められた上限金利のことです。分かりやすく言うと、「お金を貸す際にはこの金利を超えてはいけませんよ」という、法律上決まっている金利です。

日本国内には利息制限法という法律があり、元本に対して利息が決まっています。これを超えた場合、超えた部分の利息は無効となり支払い義務はなくなります。

・元本が10万円未満の場合:年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
元本が100万円以上の場合:年15%



債務整理の無料相談窓口

© 2016 債務整理 rss